ピッチャー一人相撲

aramaa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 03日

病名の偉大さ

うちの大学の名誉教授は、病名は忘れたが筋肉が徐々に衰えていく病気である。
知らない人は「何じゃそりゃ(笑)」と笑うかもしれない。
実際私が一年生で入学してきたときその教授が車椅子で現れたときは箸が転がったときほど笑ったものである。
つまり笑わなかったわけだが。
この病気はヒトラーと同じ病気である。
そう聞くと、「あぁそうか、大変なんだねぇ。」という気持ちがわいてくるものである。
あの栄華を極めた歴史的人物と同じ病気にかかるということは、病気の偉大さを加えてくれるのである。

ちなみに私は小さい頃から大きな病気にかかったことがなく、一番大きな病気は蕁麻疹という大変健康な生活を送ってきた。
唯一体のことで心配なのは、22歳にもなって生理がまだ来てないことである。
性の悩みというのは恥ずかしいものなのでまだ誰にも相談していないのだが、私と同年代の男性諸君の半分ぐらいは同じ悩みを抱きつつ生活しているのではないだろうか。
さて、そんな私にも持病はある。
中学の頃からの持病だが、最近再発してなくてひさしぶりだったのでその痛さに我慢できず二日間寝込んでいた。
病名は「ぎっくり背中」である。
ぎっくり腰の背中版である。
ここでぎっくり背中について説明しておく必要があるだろう。
まずぎっくり腰だが、これは腰が痛く、腰につがっている筋肉を動かすだけで意識が遠のくほど腰がいたくなるので絶対安静を余儀なくされるのである。
これにたいしてぎっくり背中は後背筋の辺りが痛い。
腰に連動している筋肉というのは足と背中なので、ぎっくり腰の人は寝ながらの作業はそれなりにできるのに対して、ぎっくり背中の人は足はおろか腕と首も使えない。
つまりぎっくり背中患者は寝ているしかないのである。
くしゃみなんかしようものなら即死で、絶対安静どころか絶体絶命なのである。
当日にバイトが入っていたので代わってもらうために同僚に電話したら一笑に付されて「お大事に」の一言もかけられることもなく、二日間ひとりきりで寝ていた。
しかしここで、上述の技術を駆使することにする。
ぎっくり背中は、スラムダンクの桜木花道が山王戦でわずらった大病である。
「ぎっくり背中になっちゃったからバイト代わってくれない?ぎっくり背中って、桜木花道と同じやつ」と言うと、「マジで!?大丈夫?バイトのことは心配せずに安静にしてて。バイトあがりにでもお見舞いに行くから何か欲しいものあったら言ってよ」となるのである。
そう言ってくれたみんなの薄っぺらい優しさに心から感謝した夏の日であった。
[PR]

# by hitorizumou | 2006-09-03 10:23 | 日記
2006年 09月 02日

no title

私の生まれてきた使命は下の文章(8/29の日記)にトラックバックしてきたオナニーブログを潰すことだと天からの声が聞こえました。
[PR]

# by hitorizumou | 2006-09-02 09:46 | 日記
2006年 08月 29日

no title

阿藤快と加藤あいは同一人物だってこと、知ってました?
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-29 03:00 | 日記
2006年 08月 26日

no title

白いけどブルーバード。
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-26 18:04 | 日記
2006年 08月 23日

no title

目覚めたときに体がだるかったので風邪でもひいたかなって思ってたら、一昨日に筋トレした筋肉痛でした。
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-23 20:55 | 日記
2006年 08月 21日

テポドン

「総理、大変です!北朝鮮が日本に向かってテポドン打ってきました!」

「うるせぇ!ネトゲ中に喋りかけるな!」
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-21 16:05 | 政治
2006年 08月 19日

月面着陸

「どうだ、月でも立って見せたぞ!」

「アームストロング船長は三本目の手がお強いですね!」
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-19 00:05 | 妄想
2006年 08月 18日

「トラバでぼけましょう第9回」に出場してみましょう

お題:
「ごく普通の二人は、ごく普通に出会い、ごく普通に恋に落ち、ごく普通にカップルになりました。でも唯一つだけ普通でなかったのは・・・。」

----------------------------------------------------------------------------------------------

彼氏「今まで秘密にしてたんだけどさ。」

彼女「何?」

彼氏「あのさぁ・・・。」

彼女「言ってよ、私とあなたの仲じゃない。」

彼氏「・・・僕、早漏なんだよね。」

彼女「うん、知ってる。」

彼氏「えー!」

彼女「そんなことじゃないでしょ?」

彼氏「あ、うん、そうだけど。フォローとかしてよ。」

彼女「満たされないから昨日も元彼と3回しちゃったわよ。」

彼氏「何ー!?
    い、いや、例えキミが浮気をしようとも僕の君への愛は変わらないよ。」

彼女「いいからさっさと本題に入りなさいよ。」

彼氏「ひ、ひでぇ。実は僕は日中は普通のサラリーマンだが夜の顔は世界の平和を保つために怪人と戦うヒーローなのさ!」

彼女「うわー、ベタ。」

彼氏「エッ、驚かないの!?」

彼女「だってさ、そうゆうのって結局私にはその姿を見せてないわけでしょ?つまらないじゃん。」

彼氏「それもそうだけどさ、なんかこう、僕が勇気を出して告白してるんだから驚くなりなんなりしてほしい。」

彼女「それで、最近はどんな怪人をやっつけたの?」

彼氏「怪人酔っ払って駅の前のベンチで寝ちゃってるオジサン。」

彼女「どうやっつけたの?」

彼氏「そりゃあ、ちゃんと電車に乗せてあげて家まで送ったさ!」

彼女「ショボ。」

彼氏「また一つ、日本の平和が保たれたというわけさ。」

彼女「別れたくなっちゃった。」

彼氏「そ、そんな!くそー、こんなときに都合よく怪人が現れてくれたら僕の雄姿を君に見せれるのに。」

彼女「待ってあなた、そこに何やら怪しい人影が!」

彼氏「怪人!」

彼女「キャー!」

怪人「フフフ、貴様か?最近我々の日本侵略を阻んでるヒーロー気取りなヤツは。」

彼女「オジサンを酔わせて日本侵略できるかよ。」

怪人「うるさい、この小娘が!」

彼女「キャー!助けてあなた!」

彼氏(や、やべぇ。本物の怪人だし・・・。しかしここで彼女を助けなければ男ではない!)

彼氏「やめろ怪人!私が相手だ!」

彼女「キャーあなたかっこいいわ!早く変身して怪人をやっつけて!」

彼氏「へ、変身!?」

彼女「バンドリストなりベルトなりを光らせて垂直5メートルジャンプしながら変身するのよね!」

彼氏「う、うん。ちょっと待ってて」

彼女「わかったわ!私が相手を食い止めてるからその隙に変身して!」

怪人「小娘が、この私に敵うとでも思ったか!」

彼女「オラオラ!!」

怪人「いて!なにすんだこのアマ!」

彼女「キャー助けて!」

彼氏「待て!」

彼女「あなた!」

彼氏「その子に手を出すな!」

怪人「スーツ着ただけじゃん。しかも今、棚の上からジャンプしてたし」

彼女「素敵だわ!」

怪人「マジで!?」

彼氏「私が来たからにはもう大丈夫だお嬢さん。」

怪人「こざかしい!」

彼氏「ふん、ふん!」

怪人「な、なに!オレのパンチをさばくとは!」

彼氏「高校の時は空手部所属でした」

怪人「やるな!しかしこれはどうだ?怪人ビーム!」

彼氏「ぐわー!」

彼女「大丈夫あなた!?これを食べて体力を回復して!」

彼氏「こ、これは?」

彼女「激辛濃厚ウコンラーメン青汁添えよ!」

彼氏「まずっ!」

彼女「ヒーローならいっき食いしちゃうのよね!?」

彼氏「も、もちろんさ!おえっ!ゴホッゴホッ!」

彼女「完食よ!素敵だわ!」

彼氏「うえっぷ、なんか吐きそうだ」

彼女「あなた!この熱湯風呂に入って身体を休めて!」

彼氏「ね、熱湯!?」

彼女「ヒーローが熱湯に入って体力を回復させていたのを昔テレビで見たわ!」

彼氏「デビルマン?ヒーローの質が違う」

彼女「ザッパーンと行くわよね?ヒーローなら!」

彼氏「も、もちろんさ!ギャー!あっちーーー!!」

彼女「素敵だわ!」

怪人「お、おい、大丈夫か?」

彼氏「心配無用!体力回復だ!」

怪人「完全にグロッキーじゃねぇか」

彼女「あなた、これを使って!」

彼氏「ん、ドアノブ?」

彼女「それから光を出して剣にするのよ!」

彼氏「スターウォーズ?いくらなんでもこれは・・・」

彼女「ヒーローだもの!それじゃあさっさと行っちゃってください!」

彼氏「は、はい!おりゃー!」

怪人「いってぇ、こいつ!ドアノブで頭殴りやがった!」

彼女「素敵だわ!」

怪人「マジで!?」

彼氏「やった!怪人をやっつけたぞ!」

彼女「かっこよかったわ!あなたは私のヒーローよ!」

彼氏「いや、君が無事で何よりだよ。」

彼女「ところであなた、へそくりはどこに置いてあるの?」

彼氏「へっ、持ってないですが。」

彼女「ヒーローはうそつかないのよ。」

彼氏「・・・ベッドの下です。」

彼女「どれどれ、20万か、じゃあシャネルのバッグね。ヒーローは太っ腹なのよね?」

彼氏「そ、その通り。」

彼女「素敵だわ!ところでヒーローの時の名前は何なの?」

彼氏「・・・『ごく普通のサラリーマン』。」


■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-18 22:50 | 企画モノ
2006年 08月 17日

我輩は猫である

「我輩は猫である」

「いきなりどうしたんですか夏目さん?」

「にゃー」

「な、夏目さん!?」
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-17 02:04 | 妄想
2006年 08月 16日

no title

同窓会のビンゴ大会で一等賞になったら景品がバイアグラでした。
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-16 03:50 | 日記
2006年 08月 15日

高校野球

監督「おい田中、お前は2番バッターだ。9回裏で同点、ノーアウトのランナーも出たことだし、ここは確実に送るぞ。」

田中「わかりました!」

監督「よし、行って来い!」

--------

実況「おっと、2番の田中君はバントの構えです。」

解説「9回裏、同点でノーアウトのランナーですからね。」

実況「ピッチャー投げた!これをバント!」

解説「きれいなバントです。」

実況「おっと、打球がグングン伸びて、、入った!ホームラン!田中君のバントは綺麗な弧を描いてバックスクリーンにつきささりました!」

解説「すばらしいさよならバントホームランです。」

--------

田中「すいません、さよならしちゃいました!」

監督「てめー!送るどころか2点入っちまったじゃねえか!」

田中「すいません!」

監督「もうお前なんか使わん!選手交代だ!」

田中「でも監督、もうゲームセットっす!」

監督「くそったれー!!」
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-15 03:03 | スポーツ
2006年 08月 14日

結婚破棄

「そんな、結婚破棄だなんて。考え直してくれないか?」

「その蛙が描いてあるTシャツを脱いでくれたら考え直すわ。」
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-14 13:53 | 妄想
2006年 08月 13日

ローマ字ネタ

ero DVD imanara tattano 980 yen.
arigate-----!!
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-13 01:09 | 言葉
2006年 08月 12日

今夜・・・

女「ねぇ、私酔っちゃったみたい。あなたの家に泊まってもいい?」

男「いいですが私の家はレオパレスです。」

女「ちっ、あのよく響く家か!」
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-12 04:55 | 妄想
2006年 08月 11日

交通違反

「やべっ、ヘルメットなくしちゃった。」

「これでバイク乗ったら交通違反じゃん。」

「しょうがねぇ、そこに停めてある車を盗むか!」

「よーし、それなら交通違反にならないもんな!」
[PR]

# by hitorizumou | 2006-08-11 23:15 | 妄想