ピッチャー一人相撲

aramaa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 18日

「トラバでぼけましょう第9回」に出場してみましょう

お題:
「ごく普通の二人は、ごく普通に出会い、ごく普通に恋に落ち、ごく普通にカップルになりました。でも唯一つだけ普通でなかったのは・・・。」

----------------------------------------------------------------------------------------------

彼氏「今まで秘密にしてたんだけどさ。」

彼女「何?」

彼氏「あのさぁ・・・。」

彼女「言ってよ、私とあなたの仲じゃない。」

彼氏「・・・僕、早漏なんだよね。」

彼女「うん、知ってる。」

彼氏「えー!」

彼女「そんなことじゃないでしょ?」

彼氏「あ、うん、そうだけど。フォローとかしてよ。」

彼女「満たされないから昨日も元彼と3回しちゃったわよ。」

彼氏「何ー!?
    い、いや、例えキミが浮気をしようとも僕の君への愛は変わらないよ。」

彼女「いいからさっさと本題に入りなさいよ。」

彼氏「ひ、ひでぇ。実は僕は日中は普通のサラリーマンだが夜の顔は世界の平和を保つために怪人と戦うヒーローなのさ!」

彼女「うわー、ベタ。」

彼氏「エッ、驚かないの!?」

彼女「だってさ、そうゆうのって結局私にはその姿を見せてないわけでしょ?つまらないじゃん。」

彼氏「それもそうだけどさ、なんかこう、僕が勇気を出して告白してるんだから驚くなりなんなりしてほしい。」

彼女「それで、最近はどんな怪人をやっつけたの?」

彼氏「怪人酔っ払って駅の前のベンチで寝ちゃってるオジサン。」

彼女「どうやっつけたの?」

彼氏「そりゃあ、ちゃんと電車に乗せてあげて家まで送ったさ!」

彼女「ショボ。」

彼氏「また一つ、日本の平和が保たれたというわけさ。」

彼女「別れたくなっちゃった。」

彼氏「そ、そんな!くそー、こんなときに都合よく怪人が現れてくれたら僕の雄姿を君に見せれるのに。」

彼女「待ってあなた、そこに何やら怪しい人影が!」

彼氏「怪人!」

彼女「キャー!」

怪人「フフフ、貴様か?最近我々の日本侵略を阻んでるヒーロー気取りなヤツは。」

彼女「オジサンを酔わせて日本侵略できるかよ。」

怪人「うるさい、この小娘が!」

彼女「キャー!助けてあなた!」

彼氏(や、やべぇ。本物の怪人だし・・・。しかしここで彼女を助けなければ男ではない!)

彼氏「やめろ怪人!私が相手だ!」

彼女「キャーあなたかっこいいわ!早く変身して怪人をやっつけて!」

彼氏「へ、変身!?」

彼女「バンドリストなりベルトなりを光らせて垂直5メートルジャンプしながら変身するのよね!」

彼氏「う、うん。ちょっと待ってて」

彼女「わかったわ!私が相手を食い止めてるからその隙に変身して!」

怪人「小娘が、この私に敵うとでも思ったか!」

彼女「オラオラ!!」

怪人「いて!なにすんだこのアマ!」

彼女「キャー助けて!」

彼氏「待て!」

彼女「あなた!」

彼氏「その子に手を出すな!」

怪人「スーツ着ただけじゃん。しかも今、棚の上からジャンプしてたし」

彼女「素敵だわ!」

怪人「マジで!?」

彼氏「私が来たからにはもう大丈夫だお嬢さん。」

怪人「こざかしい!」

彼氏「ふん、ふん!」

怪人「な、なに!オレのパンチをさばくとは!」

彼氏「高校の時は空手部所属でした」

怪人「やるな!しかしこれはどうだ?怪人ビーム!」

彼氏「ぐわー!」

彼女「大丈夫あなた!?これを食べて体力を回復して!」

彼氏「こ、これは?」

彼女「激辛濃厚ウコンラーメン青汁添えよ!」

彼氏「まずっ!」

彼女「ヒーローならいっき食いしちゃうのよね!?」

彼氏「も、もちろんさ!おえっ!ゴホッゴホッ!」

彼女「完食よ!素敵だわ!」

彼氏「うえっぷ、なんか吐きそうだ」

彼女「あなた!この熱湯風呂に入って身体を休めて!」

彼氏「ね、熱湯!?」

彼女「ヒーローが熱湯に入って体力を回復させていたのを昔テレビで見たわ!」

彼氏「デビルマン?ヒーローの質が違う」

彼女「ザッパーンと行くわよね?ヒーローなら!」

彼氏「も、もちろんさ!ギャー!あっちーーー!!」

彼女「素敵だわ!」

怪人「お、おい、大丈夫か?」

彼氏「心配無用!体力回復だ!」

怪人「完全にグロッキーじゃねぇか」

彼女「あなた、これを使って!」

彼氏「ん、ドアノブ?」

彼女「それから光を出して剣にするのよ!」

彼氏「スターウォーズ?いくらなんでもこれは・・・」

彼女「ヒーローだもの!それじゃあさっさと行っちゃってください!」

彼氏「は、はい!おりゃー!」

怪人「いってぇ、こいつ!ドアノブで頭殴りやがった!」

彼女「素敵だわ!」

怪人「マジで!?」

彼氏「やった!怪人をやっつけたぞ!」

彼女「かっこよかったわ!あなたは私のヒーローよ!」

彼氏「いや、君が無事で何よりだよ。」

彼女「ところであなた、へそくりはどこに置いてあるの?」

彼氏「へっ、持ってないですが。」

彼女「ヒーローはうそつかないのよ。」

彼氏「・・・ベッドの下です。」

彼女「どれどれ、20万か、じゃあシャネルのバッグね。ヒーローは太っ腹なのよね?」

彼氏「そ、その通り。」

彼女「素敵だわ!ところでヒーローの時の名前は何なの?」

彼氏「・・・『ごく普通のサラリーマン』。」


■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
[PR]

by hitorizumou | 2006-08-18 22:50 | 企画モノ


<< 月面着陸      我輩は猫である >>